トップ » ブログ » レスキュー今と昔

ブログ

2011年を振り返る

2011.12.17  レスキュー今と昔

2011年もあと二週間ですね。
っと、ふらりとブログ復帰する初代代表取締役隊長の冨松です。

会社は好調を続け、予定を上回る一年を終えようとしています。

業績を示す売上高は、決して好調とは言えませんが、
20年経営計画の4年目として、産業革命を掲げ
計画通り、会社の成長角度をつけることが出来ました。

要因は、採用と育成が上手くいっていること。

 

(1)一瞬躊躇しかかった新卒採用ですが、終わってみれば大成功。

(2)基本に忠実に行ってきた教育活動は、実を結び、 明らかに技術力が上がってきた。

 

言うまでもなく、2011年は大震災によって、大きな不安があった春先でした。
”人の行く裏に道あり花の山”とは相場の格言ですが、
経営もある意味同様だと考えます。

差別優位性をどこに置くか?
一時的に儲かる流行ビジネスモデルに右往左往することなく、
周囲が進まない道をどれだけ信じて進めるかが重要だと考えます。

経理の特命レスキュー隊は、
経理を通じて
経営状態を通訳し、
会社の健康診断書を見ながら、
経営者が、適切な経営戦略を打つ
お手伝いをする会社です。

企業の多くは、
利益は出ているが、お金が残らない会社。
短期の売上至上主義により、業績が暴れる会社。

まだまだ経理が変われば良くなる会社はあるはず!

2012年も経理の特命レスキュー隊は、企業経営の一助を担って行きます!!