トップ » ブログ » レスキュー今と昔

ブログ

来たー!

2011.05.27  レスキュー今と昔
おお!イベント祭り!! 5月22日には五輪史上最高記録でシドニーオリンピックを優勝した高橋尚子さん をゲストに迎えた軽井沢ハーフマラソンも走り、 
遂にリクナビ2012のOPENです。
思い起こせば今から8年前の2003年の夏、日経平均は7,000円を割り、 右も左もわからぬ私は、原チャリでリュックサックを背負ってクライアント先で馬車馬のように働いていた時代から今では江東区の区議会議員の誘いまで受け、本当に出世しました。

、 、
、、 、、
、、 、、、、、
…嘘です。
さて、経理の特命レスキュー隊の初代隊長として昨年のマイナビ2011に続き、 リクナビ2012に掲載が完了し、本日のエントリーは初日だけで何と100名超。 採用チームと、25時のプチ打ち上げも完了。
 
嬉しい悲鳴と悩ましい夜が始まりました。わが社の役員を含めた社員数は9名、そのうち役員が3名ですから、こんな不安定感抜群のわが社にエントリーして頂けるだけで本当に有り難いし、大手の安全神話が無くなった世の中にも感謝。
・ ・ 思えば創業当時25歳の私は、規律が大嫌いで、勉強は長く続かず、一部の人にしか従わない、本当に世間の”はみ出し者”でした。学歴も、家柄も、経験もないのに、なぜか運だけ有りました。
断食・徹夜を拒まない”飽くなき探究心”は、専門学校中退生を立派な会社の社長に育てて頂きました。 笑いが止まらない日や重圧に潰されそうだった日を思い出しながら日記を書いてます。 記憶とは面白いもので、辛いとき悲しいときの記憶の方がしっかりとしていて、困難なときほど多くの仲間に助けられ、今日こうして元気に生きております。 ・ ・ 東日本大震災に被災に遭われた方を思うと胸が痛みます。 ・ ・ 今年の3月11日以降、
 
”今できること”を真剣に考えました。
 
名もない小さな会社の経営者の私ができるのは、私ひとりのたかが知れてる義援金よりも将来の日本を背負う、若者の成長に貢献し、ニッポンを元気にする一助になることを使命と捉え、景気見通しも定まらぬ中、新卒採用を決行することに達ししました。
・ 肉親と離れ離れになった。 食べるものもない。 呑むものもない。 トイレもない。 住む場所もない。 大気汚染にさらされ、家に戻れない。 情報が洪水でパニックになっている。 ・ ・
そんな被災地を思うと、今改めて生かされた者の義務を全うしようと思う。 ・ ・ 私たちは、経理の特命レスキュー隊であり続けること。 これだけが唯一の社是であり、社訓であります。
学生の皆さんにとって、人生のプラスになるような会社説明会にします。 興味のある方は、遠慮なく来てください。