経理派遣/経理代行/経理コンサルティング/経理アウトソーシングの「経理の特命レスキュー隊」

代表ブログ

第33話 報告多数!

人生史上、稀にみる多忙な2月&3月を過ごし、お酒を飲む時間もなく、強烈な仕事モードの初代社長の冨松です。
(…嘘です。お酒飲んでます。今日も、昨日も、一昨日も。)

さてさて、初代レスキューの社長として多くのことが形になってきました。

 

その1【新卒採用=2010年4​月生内定!!】

2010年4月新社会人採用が決まりました。実は、会社説明会を実施しようと計画している最中に縁があって、個別の会社説明会を開きました。
説明会→適正試験→面接→2次面接→内定→内定祝いがあっという間に行いました。
従いまして、2010年4月期の募集を終了とさせて頂いております。
今回は狙い通りに女性が取れました。
2009年4月には男5人・女1人の組織になり、男女比が偏るのを嫌って、最初から女性にスポットライトを当ててました。
彼女は筋金入りの柔道一家に生まれ、「熱い会社に行って仕事がしたい!」との志望動機と、「スクワットが200回できる」特技を聞き採用に至りました。
まだ簿記の”簿”の字も知りませんが、可能性という点で将来が楽しみなレスキュー隊員です。
経理の特命レスキュー隊の座右の銘のひとつに、『場数が全て』という考えがあって、机上の空論を沢山学ぶより現場で活きた知識をその場その場で猛烈に学ぶことを重要視しています。

レスキューの新卒採用においては、
「今何ができるか?」よりも「これからどれだけやれそうか?」を重要視し、
今回の採用に至りました。是非とも会社を盛り上げてもらいたいと思います。  

 

その2【戦争を知る経営者との出会い】

本年最初の新規クライアントの仕事が順調な滑り出しができ、70代の社長とご一緒させて頂いております。
年の功とはすごいですね。会話のひとつひとつに学びが溢れています。
特にインパクトが大きかった言葉がありましたので一つ紹介します。
「最近の若いもんは、若いうちにやりたくない勉強ばっかして、脳みそ使い切ってるから、社会に出る頃にはスポンジだったはずの脳みそが石みたく固まっちまって、いいアイデアが浮かばない。可愛そうだよ」
とボヤいていました。(まるで野村監督のように。)

現代教育へのヒントにもなるお話でした。  

 

その3【春季キャンプ】

次の4月からついにレスキュー隊に新卒が入ります。
(参考:第10話 締切間近)

http://www.accounting-rescue.com/blog?active_from=2008-06&page=2#anchor
今一度『20年計画』の読み返しと、2年目の進捗確認などを実施しに
21日~22日と、福島県は高湯温泉で取締役に限定された春季キャンプを実施してまいりました。

 

内容は様々なものがあり、非常に濃い1泊2日でした。様々なテーマに対し、『WHYの追究』をしました。
”人が全て”のレスキューにおいて、将来どんな人物が活躍しているかをイメージし、
『すごい教育』コンテンツを作っております。
創業期の僕らは今最も大事にする文化は何か?を考えました。
無論、今までも「レスキューの文化はこうである!」と様々な場面で熱弁してきましたが、
今回はそれを整理する根っこの会議です。

 

その席で、ひとつ改めて大きな気づきがありました。
こんな人が好きですランキング一位の『面白い人』を育成するには”OFFJT”しかないことでした。
(コレ↑↑↑設立時期から不変です。)

 

同じ釜の飯を食う同志とは、長旅になるわけですから楽しくないとモチベーションもクオリティーも永続しない!
経理ができるのは当たり前とし、そこからさらに違う特徴を持ち、実践し続けなければこの市場競争原理では勝てません。

だ・か・ら、(会社を面白くするには、)高い生産性を意識し続け、
ノミニケーションする時間や仕事を通じての面白い人になるゆとりを大事にしていきたいんです。
イチロー選手に代表されるように目指すことは明確なほうが、そこに到達する可能性はグっと上がります。(※参考検索方法→ イチロー&小学生&作文)

レスキューにふさわしい人物像を明確にすることが、今の私たちにやるべきことではないか?と結論が出ました。

 

夜はもちろん飲みっぱなしで、全員睡眠不足な帰路でしたが
「また来年も成長を確認しに行きましょう!」と来月の新事務所移転を控え、
心機一転頑張ろうと強い決意を持って臨む2009年3月26日です。

レスキュー今と昔 | 2009年03月26日


第32話 目標の達成方法について

皆様の温かいご支援もあって、お蔭様で本日無事にオンエアとなり経理の特命レスキュー隊の初代社長として冨松は生まれて初めてラジオに出演しました。
関東近県3,000万人の前に
私の肉声が流れました。

何通もメール頂き本当にありがとうございます。この場を借りてお礼を述べさせて頂きます。
「ラジオ聞いたよ縲怐I!なんでか聞いてるこっちが緊張しちゃったよー。
本題に入ってから、堂々として落ち着いてて良いトークだったよ
スゲーよ!!カッコよかった!!また呼ばれる雰囲気だったね。良いもの聴かせてもらいました。」
中学生からの幼なじみからのメールをもらいました。

率直に「嬉しい」です。

 

周囲がスノボとサーフィンに熱中している時代に、「柔道」と「簿記」に捧げた青春(10代後半)。
社会人になり、恋人と外泊のホリデープランを練っている先輩をよそに、本を10冊買って一人旅した20代前半の夏休み。
借金300万円して起業するという決意を持った前夜に荒川を走った梅雨空の25歳。
振りかえると、ある意味今日はひとつの集大成だったのかもしれません。

 

さて、前置きが長くなりました立てた目標をやっつけるにはどうするか!?

 

参考blog↓↓↓↓(第30話 目標の上手な立て方)
http://www.accounting-rescue.com/blog/?active_from=2009-01
たった一つだけ徹底すれば誰でもできます。
それは、その目標に関係しないすべてのことを捨てて臨むことです。

例えば、ダラダラとテレビを見る時間。
例えば、ダラダラと生産性の低い会話をする時間。
例えば、ダラダラとネットサーフィンする時間。
◆ポイントは『ダラダラのリストラ』です。

 

すでに『ブームの真相』紙面でコメントさせて頂いてますが、睡眠・食事・入浴だけは絶対に必要ですが頑張れば7時間で全部完了するはずです。(個人差はあります。)
そうすると恐ろしいことに1日17時間もあるんです。
一週間にすると119時間あり、一か月にすると516時間もあります。
(これは強制労働とかそういう展開の話ではございません。)
※参考ブームの真相 http://www.mrpartner.co.jp/boom2009/file/kiji-page_08.html

 

僕は17歳のとき、どのくらい柔道の練習をすれば東京都大会に行けるかを考えて1日約6時間のトレーニングを80日間徹底的にやりました。
僕は柔道が職業ではなく、スポーツ特待選手でもなく、あくまで公立高校の柔道部でした。
(楽しく過ごせてましたし、それなりに強くなりました。今でも仲間との交流があります。先生とも3年に1回くらいは会っています。)

 

でも、「何のタイトルも賞状もなく卒業することで頑張ったと胸を張れるのだろうか?」
自問自答しました…、…、猛烈に考え直しました。。。
気づいたときは、最終大会まで3か月前のことです。
しかも70人出場する大会(学校選抜で2名のみ出場)でベスト8に入らないと、東京都大会に出られません。
当時の東京第4支部軽量級といえば激戦区で足立学園(東京で2位・3位)・修徳・安田学園・関東一高・日大一高と甲子園にも顔を出すスポーツ学校が例年上位を独占してました。

うっかり一回戦のくじ引きで足立学園を引けば終わりだし。。
「頑張っても無駄だろう?」…これが蔓延する空気でした。

 

でも、80日間ストイックな生き方をした結果。
神様も味方してくれました。
くじ引きではベスト8までの道のりで足立学園とは別の山に。
なんとか3回勝ち上がり、best8に入って高校最後の公式試合を講道館(=柔道の聖地)で行うことができました。

 

後日、僕は試合の成績よりも大きなものを持ち帰ることができたことに気がつきました。

 

『成せば成る』

 

結論として、「やると決めればできる。」という論理です。
要は”やると決めちゃう”ことです。
先週も仕事に充てた時間にして120時間は楽に超えました。
おそらく普通の感覚では「休んだ方がいい」とか言う人が結構います。
でも、本人が「やりたいことをやる」と決めてやっていたらどうでしょうか?

 

経理の特命レスキュー隊は有給休暇を含めて年間120日の休みがあります。

 

でも実態として、仕事(=プロ)の準備として
自己啓発や仕事の段取りをみんなしています。
野球選手でいう自主トレに該当します。
上記の考えから120日も完全なプライベートにはならない実態があります。
そろそろ定年なしの就業規則と給料を客観的に決める仕組みも整備しようと思っています。
本当は働ける力量があるのに、65歳だから働けないっていうのは不幸だし、反対に50歳で引退するのも人生ですし。

 

私がここで伝えたいこととして、近年の上場大手企業の業績悪化から読み取れるように、企業が業績悪化したときは、どのみち従業員の雇用が守れなくなるのが経営ですから業績悪化する前に徹底的に訓練しておいた方が”御互い幸せ”なのです。

 

人間には人それぞれ生きられる時間に限りがあります。
企業人として勤められる時間にも限りがあります。
しかし企業は永続しつづけなければなりません。

 

そのバランスを取るために、是非とも”やると決めちゃう”をみんなが実践すれば”御互い幸せ”の連続です。

 

いずれ親も先立つし、もしかしたら国家が変わることだってあるかもしれません。国が、親が、誰かが、助けてくれる。
という保障はないのが人生です。

 

僕は幸いにして、祖父の戦争体験を耳にタコができるほど聞いたのでリアルにそう思えてしまうのかもしれません。
最後に<先週のワンシーン> ①お仕事をご一緒している会社の歓迎会②遅めの新年会③親友の誕生会です。(オレンジの服はrescueを意識しています。)

 

『人生はリセットなきゲーム』みたいなもの。 今週も全力で頑張ります!!

経理のお役立情報 | 2009年02月16日


第31話 ラジオ出演

  実は…、

 

ラジオに出ることになりました?(^ ^)/

<出演番組>
2月15日(日) AM9:30~10:00
FM FUJI 東京78.6MHz 甲府83.6MHz 井形慶子「WEST END TALK」にて7分程度の会話をしています。

取り急ぎ告知まで。。

ひとりごと | 2009年02月08日


第30話 目標の上手な立て方

合計で30話目のブログを記載する初代社長の冨松です。

1月 末は多忙な月末です。
各お客様毎の業務の他に法定調書の提出、確定申告の準備資料確認ラッシュ、償却資産の申告書、etc…に、加えてレスキュー隊の第一四半期の締めです。
私たちレスキュー隊では目標制度と賞与が四半期で連動しており、当然ながら社長の私も目標を公開しています。

 

この制度、私は悩まずスラスラと進めることができます。

<ポイント1>

将来から逆算する。

 

私の場合は、20年計画から逆算した10年計画があって、
10年計画から逆算した5年計画があって
5年計画から逆算した3年計画があって
3年計画から逆算した年度計画があって
それを4期間に分けたのが四半期計画に該当します。

 

<ポイント2>

この計画がなぜ必要なのか?

 

自分自身が腹の底から納得した計画ができていないとすぐにブレます。(その場合には計画が毎年変わります。)
私は生まれて間もなく大きなハンデとしてアトピー性皮膚炎でかなりの時期を無駄に過ごしました。
併発した白内障(24歳時点)のおかげで実は、目がだいぶ不自由です。
軽い視覚障害で、車の運転とかは避けるように言われています。
野球のボールもずいぶん見えづらくなってきました。動体視力が相当落ちています。
想定している2回目の手術の際(50歳縲鰀65歳)には、目が寿命を迎えるかもしれません。
(頼む!医療の進歩よ!とか思ったりもします。)

 

とはいえそんな事はさておき、超ポジティブラーの僕は、
『じゃあ50歳頃までにやりたいことを全部やっちゃおう!』
『逆にスピーディーでいいじゃん』と思います。
25歳のとき自分探しの旅を兼ねて起業し、30歳で決めた計画が『経理の特命レスキュー隊20年計画』

 

今は1年順調に経過し、2年目の第一四半期でやるべきこともできています。
そして今日も腹の底から納得した一日を過ごしています。

 

<ポイント3>

実現可能か?

 

ここが最大のポイントといっても過言ではないでしょう。
例えば31歳の僕が、20歳まででマスターズを目指すことは時間軸としても不可能ですし、体鍛えなおして、23回優勝する横綱を目指すこともできません。競馬のジョッキーになって3000勝するのも…プロ野球選手になってWBCに出ることも…。
と、目標や計画は、『夢物語』では話になりません。
つまり、今の自分が環境を変えても、できることには限界があります。

 

そこで、自分がやらなきゃいけないことやれそうなこととがクリアされていることを再検証します。

 

<ポイント1~3>を整理すると、

■将来からの逆算の算式が合っているか?
■なぜその目標になっているのか?
■それは実現可能なことなのか?

 

この3つがクリアになると目標はサクサク決まっていきます。
社内向けのメールだったのですが、今日は少しだけ公開してみました。
目標さえ整理すればあとはやるだけです。次回「目標の達成方法について」乞うご期待!

 

<PR> ブームの真相 2009年最新版

単行本: 278ページ 出版社: ミスター・パートナー
(2009/01)ISBN-13: 978-4434127809
http://www.mrpartner.co.jp/boom2009/file/kiji-page_08.html

↑↑↑クリック↑↑↑ 
載りました!しかも今回は、書籍の目次に顔写真まで。
350件のユニーク情報だけあって以外に面白い本です。
2月頃にはアマゾンで買えると思います。

 

<新卒採用> 2010年4月入社募集開始まであと3週間!しばしお待ちを。

経理のお役立情報 | 2009年01月27日


第29話 ナチュラルハイ

目が輝いている人が好きです。」
今日(昨日)は、大きな進歩を強く感じたことと、多くの人の支えによって生きてること実感したのでブログします。

 

その1<事務所の移転が決定しました>
3月から東京の下町である江東区の門前仲町。富岡八幡宮徒歩1分の場所に移転します。
まるで、アパート暮らしの家族が少し背伸びをして買った念願のマイホームに似た感覚。
かれこれ1年半前からオフィス探しを始めてようやく見つけた場所です。
人生の大半を過ごした愛すべき江東区に事務所を構えることは、本当に嬉しいものです。(是非、お近くまで来た際はお茶しにきて下さい。)
OPEN3月予定です。

 

その2<社会に出て一番最初の上司と新年会をしました>
いまから12年前、右も左もわからぬまま当時19歳の僕と24歳のお姉さんは、お互い初めてづくしでした。
初めての社会と初めての部下。
当然ながら衝突は毎日のようにあり、言うことを聞かないヤンチャ坊主と言うことを聞かせたい教育ママの関係。
(今でも上から目線で話かけられます。実はコレが人間関係が円滑に行く暗黙のルールかもしれません。)

 

さておき、それなりに一人前になった僕に対し喜んでくれて、新婚生活の近況を「輝いた眼差し」で楽しげに話すお姉さんとのお酒の席は、理想の上司と部下の関係です。
何年経っても、最初の部下って特別なんだなぁ。変わらず見守って応援してくれるのが上司なんだなぁと思うのです。
きっと、「10年前にこんな関係になる。」と決めてしまえばもっと上手くいってたんですね。

 

その3<新卒の男の子(20歳)からのメール>
 

>事務所移転決定おめでとうございます。
>確認しました。門前仲町駅から近くて、
>とてもいい場所です。早く新しい事務所で
>仕事がしたいです。
>もし移転の時に何か手伝える事がありましたら、
>手伝わせてください。

9か月前の面接段階では、「本当にコイツ使えるのかなぁ?」とか、
「コイツ本当に社会に出れるのかなぁ」と、初めての自社新卒を実施した不安を一層すべくメール。
「良かった。」
「取って良かった。」
「君の目は輝いている!」

 

その4<「全員野球」の手ごたえ。>
6年前に僕が一人で独立したとき、僕が4番でピッチャーで監督でした。(休みという休みは年間で10日もありません。)
去年ぐらいはリリーフと代打と監督とコーチの兼任でした。(月に2日は完全なオフを取れました。)
そして今年はオーナーと監督業に時間を裂きたいから『全員野球』という行動指針を出しました。
今日は、記念すべき初の普段とは別のチームで並行アポイントが支障なくでき、現場が別でもいいコミニケーションが取れており
「今日は特に、目が輝いてました。」(近い将来、週に1日は完全なオフが取れるかもしれません。)

 

会社組織として本当の意味で動き出す予感でナチュラルハイです。

 

5つ目も6つ目も「人」がテーマの話題です。
時間の都合、これは次回にでも書くとして、とにかくアドレナリンがかなり出ています。
『愛』は地球を救う」かぁと、かつて24時間テレビがテーマとしていた意味が少しだけわかったような気がする2009年1月15日です。

 

<PR>
と、いうことで今年も新卒採用を実施します。 こんな「経理の特命レスキュー隊」で働きたい2010年4月新社会人を募集します。(現在、採用戦略・募集要項整理中、しばしお待ちを。)

ひとりごと | 2009年01月15日



« ブログトップへ