経理派遣/経理代行/経理コンサルティング/経理アウトソーシングの「経理の特命レスキュー隊」

代表ブログ

第48話 育成か?採用か?

 

「ガッツがあれば何でもできる。」

この言葉を信じて疑わない初代隊長の冨松です。

 

サッカー日本代表残念でしたね。
世界の野球人口が1,200万人
対するサッカー人口は、2億4千万人

実に世界単位でみると20倍もサッカー人口が野球人口より多いのですね。

 

対戦相手のパラグアイは南米予選ブラジルに次ぐ第2位。

ブラジルと1勝1敗・アルゼンチンに1勝1分ですから、
日本にとっては、善戦でもすごいのに、延長含めて120分間、0-0。

結果はPKで負けたものの、相手を考えれば意味のある2010年でしたね。  

 

ここまでの感動を届けてくれた代表メンバーとそれを支えた皆さま、本当にありがとうございました。  

 

さて、日本代表のワールドカップの4年間を一つのプロジェクトと置いたとき 会社経営は日本サッカー協会の目線で行わなければなりません。  

 

換言すれば、「サッカーワールドカップに未来永劫出場し、サッカーを通じて世界の人々の心を豊かにし、
日本経済の発展に繋げながら、協会の運営をできるだけ赤字にさせないこと」が会社経営に該当します。  

 

チームを長期的に強くしていくために、能力の高いコーチを置き(=教育)、
能力の高い選手を探す(=採用する)ことと同時にサッカーを通じて何を得させるのか(=VISIONメイク)を明確にしなければなりません。 

 

そのときの判断の分かれ目は、手をつける順番です。
教育か?採用か?VISIONメイクか?
私の順番は、

1.VISIONメイク

2.教育

3.採用

 

一見すると矛盾しますが、

 

将来像なくして教育方針はなく、

教育方針なくして、良き人材も人財にならず

 

さて今回の結果は、サッカーの専門家は直前の実力に基づき
グループリーグ敗退と予想したようですが、私個人的には、今回の試合も勝ち、ベスト8を予想しておりました。

なぜなら、今回のワールドカップの日本代表の平均年齢が、27.7歳
Jリーグ発足が1993年(=17年前)で,
ワールドカップフランス大会出場が1998年(=12年前)。 本大会出場決定が1997年(=13年前)ですから、このときの彼らが何歳だったかを考えるべきですね。

仮に27歳と置くと、Jリーグの発足を10歳、つまり小学校5年生で見ていて、卒業の夢に「プロサッカー選手」って子供が出始め、
中学に入ると、15歳の時には、ワールドカップに出て活躍するJリーガーを見ていたのです!
闘莉王(29)は16歳で、本田圭佑(23)は10歳でフランス大会を見ていたのです。

そしてもう一人、岡田武史監督(54)は、指導者として始めてワールドカップへ日本代表を導いた監督であり、
実は二回目のワールドカップ本大会出場です。場数の差は歴然。
実は今回躍進できるだけの自信があって、「本大会でBEST4になる。」と言い切ったのではなかったでしょうか?

つまり予選突破は通過点で、グループリーグも通過点で、VISIONメイクができており、
本田や松井が出てくる土壌(=教育制度)があり、多くの海外組から採用ができたのではないでしょうか?

 

我がレスキューも個人のガッツの他に、VISIONメイクをしっかりしてきたかどうかを試される 7月になりそうです。

 

また4年後、メンバーもガラっと変わって、より高いチームになって
再びワールドカップを見たいものです。
ありがとう!日本代表!

 

「ガッツがあれば、何でもできる。」と、声高く叫びたくなる2010年6月30日でした。

経理のお役立情報 | 2010年06月30日


第47話 求ム!二代目代表取締役!

こんばんは、今日もおテツ気味の初代隊長の冨松です。
またまた初体験、一日限りの合同会社説明会。
会社の外見だけ整理すると、創業7年(設立4年目)・資本金249万円・年商4,000万円。
個人商店に毛が生えたような企業ですが、

なんとっ!

 

ありがたいことに、僕らのブースは、「行列のできる法律相談所」状態。
取締役の舞島さんの喉は、枯れ。
2010年新卒のちーちゃんは、学生の前に仁王立ちで、「どうぞ!」「どうぞ!」の連呼。

真剣な眼差しと笑い声が交互に盛り上がったブースとなりました。

 

そもそもが「経理の特命レスキュー隊」
土壇場慣れ・アウェイ慣れしており、率先して各自が動き回る。

一本釣りシフトで視線を鋭く光らす取締役、
IT機器の不具合対策に努める2年目のゆうちゃんと 「全員野球」で一定の成果を勝ち取れ、100部以上用意した入社案内は品切れ

説明の最後に流すのは、私がプロデュースしたオリジナルVTR(会社風景と社員旅行の写真)。
当然選曲は、♪「ワンナイトカーニバル」♪
その心は「俺んとこ来ないか?」

さておき、おかげさまで1名の採用枠に対し、64名のエントリー。
大学名を見るとビックリです。

所感ですが、
学生は企業に対しても大人に対しても、「不信」なんでしょうね!
だから、こんな小さな会社にもブレない理念に興味を持ってくれるのでしょうね。

 

まさかの成果に、

2011年の

採用枠を増やす

ことにしました。

 

若い人の未来は、先輩の責務です。  

 

不景気もあるのでしょうが、今の就職世代に対しては、
中途半端な綺麗ごとより、ブレずに正直に伝えなきゃダメですね。

 

「高校無料、高速道路タダ、基地は県外」と言うより、
「子育て大変、首都高千円、当面県内!」と素直に言った方が
案外、支持してくれるんじゃないかな?

1995年に大原簿記学校に進学した私は、税理士受験に臨むも、模擬試験で方向転換。
就職した1996年の2月と就職後1年が経った私に置かれた立場は、専門学校中退。
世間では高まる失業率と停滞する日本経済の話題で一杯。
就職浪人も増え、街に浮浪者が段ボールで寝ている姿を見て、

日々「明日は我が身」強く自分に言い聞かせました。

 

結果、19歳から22歳の3年間、毎月300時間を超える仕事の他の自主トレをして、同級生の大卒者が入社するときには、
ベンチャー企業で経理課長にまで出世しました。

経理の特命レスキュー隊、今年の採用コンセプトは、「求ム!二代目代表取締役!」
私は2010年の12月で33歳、今、採用していく世代は私が45歳のときに34歳。

 

少し苦労するでしょうが、27歳くらいで、5人の長、
33歳ぐらいで10名くらいの子会社の社長に就いてもらい、
40歳で本体50名の社長になってもらわないと困るのです。

これから行うの会社説明会では、
「茨の道です。自己犠牲も必要です。楽したい人は、来るだけ無駄です。それでも応募しますか?」
と伝える予定です。  

 

私は、そういった選考を超えてライバルが切磋琢磨し、はじめて強い会社ができると信じて疑いません。

即戦力の採用は、企業を短期的に儲けさせ、新卒採用は短期的に企業を苦しめます。
一方、描く成長カーブは高い可能性を秘めているのは新卒でしょう。

平均年齢30歳を死守したい計画経営を行う経理の特命レスキュー隊は、今のうちに
次期社長を意識できる人が必要なのです。

 

<学生の皆さんへ>
「残業あります。無茶ブリもします。最初の2年は寮生活です。
勉強も仕事のうちです。自主トレも求めます。でも、これらをやりきった人の将来を保証します。
会社が保証するのではなく、そのプロセスによる将来価値を保証します。」
綺麗ごとなしで言うと、こんな感じでしょうか?

 

今の経理の特命レスキュー隊は、こんなメンバーに支えられて業績達成があり、
楽しい社員旅行があり、やり甲斐があります。

2011年新卒のみなさん、つまらなくても、やり甲斐がなくても、
どっちみち一度っきりの人生、思いきって自分をリセットし、
確かな将来を掴みませんか?
経理の特命レスキュー隊は、ガッツがある人を待っています。

 

<2011年4月生採用の今後の予定>
====会社説明会予定====
第一回:6月23日(月)
第二回:6月24日(木)
第三回:6月26日(土)
第四回:7月1日(木)

====面接予定=====
6月26日(土)
7月3日(土)
7月6日(火)
7月10日(土)

 

では、マイナビエントリーをお願いします。 共にレスキューしましょう!

レスキュー今と昔 | 2010年06月17日


第46話 ピンチはチャンス!?

ピンチはチャンスか?
お久しぶりです。経理の特命レスキュー隊 初代隊長の冨松です。

結論から申しますと、「ピンチはチャンス」ではなく、「ピンチはピンチ」です。
ようやく、昨年の衆議院選のマニュフェストから国民も目が覚め、支持率低下を機に内閣再起動へ。
今回は、政治の話はさておき『ピンチはチャンスか!?』について考えます。
本日、たまたま「ピンチはチャンス」という中刷り広告をみました。

 

冨松「ピンチはピンチでしょ!」

 

「ピンチはチャンス」と開き直って、精神負担を緩和するのは良いことです。
しかし、ピンチが訪れるべくして起きたピンチは事前の策が乏しいだけで、チャンスでも何でもない。

早いものでフリーランス、個人経営者、企業経営と合わせて7年目もあと2カ月。
◆資金なし、◆人脈なし、◆ノウハウなし、◆計画なし、◇自信あり
勢いだけが武器だった創業当初と比べると、去年と今年は20年計画』が実行に移りました。

現在20年計画』3年目を迎えるレスキュー隊は日々、ピンチを迎えます。

(しかし、、、)
・ピンチの水準が下がったか?
・ピンチへの対応力が上がったか?

この経験は、蓋を開けるまではわかりません。

今、起きているピンチは、事前策の乏しさではなく、成長に必要なピンチです。
今年の場合、採用が決まっていない。。。(←コレ、ピンチでしょ

そんなわけでっ!

来週、合同会社説明会を開催します。

マイナビ・合同会社説明会
http://job.mynavi.jp/conts2/seminar2011/
2010年6月16日(水)
新宿エルタワー11:00~18:00

企業の成長原資は、

間違いなく”人”

 

成長に必要なピンチを楽しみたい、2011年4月新卒の皆さん、
経理の特命業務をレスキューしましょう!
マイコミの皆さま、遅くまでの打ち合わせありがとうございました。

2010年6月10日のレスキュー社内でした。

経理のお役立情報 | 2010年06月10日


第45話 売れる営業チームに育てる 「シクミ」×「シカケ」 訪問日記

行ってきました!初代社長の冨松です。

 

プロジェクトプロデュース(営業の勝ちパターンを作る専門会社)の
亀田啓一郎社長をご訪問してきました。

画面右から二番目が亀田さん。

 

http://www.horei.com/book_978-4-86280-200-2.html
かれこれ、4年のお付き合いをさせて頂いております。

”営業のプロ”と聞くと、一般的に「押し営業」って印象ですが、亀田さんは「引き込み営業」の伝道師です!
日経ビジネスでの連載などでもおなじみで、今回は、処女作となる『売れる営業チームに育てる「シクミ」×「シカケ」』の出版をされたので少し触れます。

 

一見すると経理と営業は、無関係ですが、企業にとって営業力の欠如は致命的。

 

社長を務める私は、営業力を向上させるシクミ化を行い
組織にシカケ続けなければ、「20年計画」も絵餅となってしまう。

著書の中で、特にクリティカルポイント(=営業活動の成否を決定づける重要なポイント)の
整理ができていなかったことを即改善。

「ローマは一日にしてならず」と感じつつ、「ローマを20年で創る」と意気込む2010年4月28日でした。

 

<PR>
集まれ2011年4月生、「面白い」「熱い」「誠実」と言われる人
http://www.accounting-rescue.com/recruit

ひとりごと | 2010年04月28日


第44話 世の中の社長が2010年に考えていること

またしても、サボりました。
36日ぶりのBLOG。

初代 経理の特命レスキュー隊 隊長の冨松 壱です。

今日(昨日)は三略会の2回目の出席。(前回記載の「隋踵塾」の母体の会です。)
1回目は、とにかく見てるだけのお客様。
2回目以降は、下っ端。
何と言っても、選ばれた経営者だけ85名が集まり、
中には上場企業の社長や、超老舗の社長、メディアにもよく出ている社長。
圧倒的に若輩な私は、居ること自体が精一杯な場です。

内容は、タモさん(橘先生)のお題に沿って、他の84名に向けコメントをする場。
年齢順では、圧倒的な若輩の私は、末席に。

 

ここで紹介しますが、前回BLOGにも、触れましたが、
橘 三郎先生(還暦)は、吉田松陰の生まれ変わりじゃないかな?
と、感じるくらい学べる方です。

 

”難しい話”を”理解できるよう”に”解り易さ”という絶妙のスパイスが施されており
私に足りないビタミンを補って頂くことができ、
スムーズに吸収できるすごい力の持ち主です。

ちなみに僕の手帳には、「三略会」「三若会」「三耕会」「隋踵塾」と記載する後ろに、
(お得!お得!)とメモを書いています。

 

さて、お客様状態を脱した最初のお題が、

『もし鳩山さんの代わりに、オバマさんと会ったら』

どうする?”でした。

 

迷いました。

 

…ボケるべきか?

 

…真面目に答えるべきか?

 

…で、とっさに出た回答は、「私はオバマさんに、向け(ボディランゲージでアピールする目的で)踊ります」でした。

 

(言ってしまった。)

 

(会話のオチも用意しないまま…。)

 

橘先生「どんな踊りをするんだ?」

 

(キタキタ?!)

 

私「柔道の形で、ダンスします。」と。。。。」

 

(「なんじゃそりゃ?」俯瞰したもう一人の僕は、即座にツッコミを入れます。)
(案の定、周囲無言)
発した回答に対して84人の経営者と橘先生を前にした僕は、 「柔道の形で、日本をアピールして日本を知ってもらいます!!」
とギリギリの格好で、”ちょいいい”話に発展し、「君は柔道をやっていたのか?」と、
ツッコミを受け、「ハイ柔道弐段です!」(但し、14年ぐらい離れているので…今の体はオッサンです。)と。

 

柔道を死ぬほどやった人にとって、”段位は問題ではない”が、 経営者の集まりで”柔道弐段”は、”意外に好印象”だったことを実感しました。   「君は講道館か?」

「ハイ、講道館です。(ってか、柔道って講道館しか知らないっす。)」

 

 

と、ほぼ自分でもよくわからぬまま、1分ぐらいの時間が過ぎると、
今度は、極度の緊張から脱した私は、急にトイレに行きたくなりました。

(「ヤバ、めっちゃトイレ行きてぇ」)

 

それもそのはず、今日の東京は4月史上気温の低い一日で、
手元の温度計は7度。(そりゃ皆様コート着るわなぁ)と思いつつも 
我慢。

 

そんな気候の影響もあって、何名か会の最中にトイレに立つと、
竹中半兵衛の息子の話になり、

=====================
半兵衛の息子の左京(後の竹中重門)に軍物語について教えていると、
左京が急に席を立ってしまった。
半兵衛が理由を聞くと、小便だという。
これに半兵衛は怒り、「たとえ小便を垂れ流そうとも、軍談の席を立ってはならない。
竹中の子が軍談に聞き入って座敷を汚したと言われれば、竹中家の面目であろう」
=====================

 

この話が出て、ますますトイレに立てない。

 

しかも今日は、橘先生の隣に僕が座っている。

 (「アチャー。 ┐(´.`)┌)  

それから膀胱との一騎打ち
戦うこと1時間13分
(「サッカーのロスタイムとかのレベルじゃ、ないじゃん!」と、「73分のロスタイム」へ。)

 

…漏れる

…漏れる

…痛いっ

…あと10分

…あと3分

 

…ふぅ。。   なんとか、強敵だった膀胱との根競べに勝利し、
面前失禁を避け、カラオケ&三次会と無事に過ごせました。

 

 

今日は300回参加の大御所の記念会だったことも重なって
有益な感想は沢山ありますが、それは胸の内に留めるとし、
『柔道』に改めて感謝の一日となりました。

 

「永沢正明先生(=師)、ありがとうございました。
あのとき、「せっかく6年やった柔道だ、弐段ぐらい取っておけ!」の
一言で会話が弾みました!)

改めて、自分一人では無力。
周囲に矯正(強制)されて”今がある”なぁと心より感じる2010年4月14日です。

(本題は後日。キマグレンですみません。)

 

========<2011年4月期 新卒募集>==========

募集要項はコチラ↓↓↓

http://www.accounting-rescue.com/recruit

================================

経理のお役立情報 | 2010年04月14日



« ブログトップへ