経理派遣/経理代行/経理コンサルティング/経理アウトソーシングの「経理の特命レスキュー隊」

代表ブログ

第68話 あるぞ年金受給75歳!?

日経平均は15,000円を超え、2020年のオリンピックも決まり、 消費税UPが目前ということもあり、街中は建設ラッシュ。 バブルを知らない世代としては違和感を感じる 初代隊長の冨松です。 知ってますか? 経営者の平均引退年齢。 なんと、70歳だそうです。 強調します”最高”ではなく”平均”です。 機関車が200年前 ガソリン自動車が125年前 飛行機が100年前 人工衛星が50年前 携帯電話が30年前 インターネットが20年前 携帯メール15年前 SNSが10年前 経営者って凄い人が多いんですよね。 この統計が正しいとするなら、 例えば 年生まれでの社長が居たとして、 幼少は疎開し、15歳で終戦を迎え、 50歳で普及し始めた携帯電話を使い 現在80歳の経営者は65歳で携帯メールを覚え、 75歳からスマホ使って、アプリ使って 会社を指揮している計算です。 産業の変化速度を考えると、 どんどん新しい知識を吸収し続けてきたんですもんね。 なのに、会社員は65歳で一般的には引退。 少子高齢で不安煽る前に、元気な年長者を 上手く社会で活用できないものかなぁと思ってしまいました。

ひとりごと | 2013年12月02日


第67話 丸10年の所感

あっという間の創業10年を終えた初代隊長の冨松です。

創業10周年

まずはよくぞ10年生き残ったと思う。

私が旗揚げしたときのことが昨日のように鮮明に記憶されている。

 

当時の日本経済はITバブル崩壊と金融引き締めによって、停滞していた時期だ。

25歳の私は、サラリーマンとして2社目の企業を退社し、本気でパチンコで生計を立てていた。

 

例年に比べ冷夏と呼ばれる気候の2003年の8月、中曽根さん以来21年ぶりに終戦記念日の靖国神社へ参拝。

当時の首相小泉さんは、「いつ参拝しても問題なら終戦記念日に」と、一日中ニュースでやっていた日だった。

 

あれから10年リーマンショック・東日本大震災と今まで経験したことの無いような打撃を受けながらも今日を迎えられたことは、良きお客様、良きメンバー、良き先輩、良きパートナー様に恵まれた以外のなにものでもない。

 

そしてこれから始まる新たな10年に向けて、創業当時とは比較にならないくらいの戦力を得て、まさにこれからが成長期の第一ステージとなろう。

創業5年目に打ち立てた「20年計画」も6年目に突入し、概ね順調。

今後とも経理の特命レスキュー隊は、平均30歳の若くて優秀な集団を目指し続けて参ります!

レスキュー今と昔 | 2013年08月15日


第66話 2014年4月生採用

最近はFACEBOOKに気をとられて、ブログUPが遅れがちな初代隊長の冨松です。

さて、政権交代から3カ月。まさかここまで円安と株高(ついに12,000円を超えました。)が進行するとは予想もしませんでした。

と、いうことは、3月決算企業は評価益に応じて業績が好転し、さらに株価が上がる好景気スパイラルに入ります。
と、いうことは、消極的だった新卒採用に活気が戻り中小企業は苦戦することになりますね。

そんなことを見越して、今年はいち早く採用活動に着手!
2014年新卒のみなさん、一生に一度の新卒応募。
平均年齢30歳の経理の特命レスキュー隊は、数字大好きな人。
人を笑わせることが好きな人。
そしてガッツなら負けないという人。
共に経理の分野で特命な難題をレスキューしていきませんか?

https://job.rikunabi.com/2014/company/top/r566820000/

レスキュー今と昔 | 2013年03月11日


第65話 急がば回れ

こんばんは、経理の特命レスキュー隊初代隊長の冨松です。

迷走ニッポンの政権事情をみていて、そもそも政治のシステムに限界があるんじゃないかな。
選挙で総理大臣だけ決めちゃえばいいのに。って呟いても無駄でしたね。

さてさて、先日、縁あってオリンピック金メダリストに勝者の思考を学びがてらお食事をご一緒させて頂きました。



4年に一度のスポーツの祭典を制した彼女は、淡々とお話ししてました。
私は”運だけいいんです!”
以上。

その目標に向かって大会当日まで運を溜め込み、その運を当日放出するのだと言う。

無論、常人には考えられないレベルの稽古を積んだ上での話だが、最後は”運”だと。

換言するなら、日常は質素に過ごし、本番だけ上手く行くよう心がけるんだと。

これを数式に置き換えて見ると、
運を溜め込む=努力>結果。
運の放出=努力<結果。

反対に、結果が上手く行くときほど用心しなければならない。

努力の割に結果が伴わないときは、運を溜め込む時期だと思えば心のコントロールも上手く行く。

振り返ると今年の前半は、運を溜め込む期間で後半は運を放出した期間になりました。
無事継続成長できそうです。
とはいえ、目指す所に対しては8割にも至ってません。

引き続き、新卒を徹底的に教育をし、目先の苦労をトコトン楽しみ”運を溜め込んでおこう”と思う2012年11月22日でした。

ひとりごと | 2012年11月22日


第64話 予算と目標

経理の特命レスキュー隊初代隊長の冨松です。
私のロンドンオリンピック注目は、女子48kg級の福見 友子選手でした。
世界で唯一、谷亮子に2度勝った選手。

しかし残念ながらメダルを手にすることはできなかった。
そこで、今回の五輪柔道を経営の視点で考えた。

 

そもそも20名から30名の各国の代表が競い、一日に4試合から5試合するのである。
当然、怪我をする可能性もあるし、攻めきれないこともある。
そして当人達は、金メダルを”目標”にしている。

にも関わらず、あたかも金メダルをとって当たり前のような関係にしてしまってよいのか?
これでは自国による選手へのプレッシャーであり、まるで大きなノルマを課された営業マンのような感覚に陥らせてしまう。中村美里選手の対戦にしても前回大会でも負けた相手との初戦だったのに、あたかも大番狂わせの報道だった。

まるで”予算”だ。

仕事柄、予算を決める機会に遭遇する。
ここで気をつけなければならないのは、予算とはあらかじめ見積もれる数字であって、目標とは全然違う。

メディアは、たった一人しか金メダルが出ないオリンピックにおいて、金メダルを予算としてしまった。失敗だ。
目標であれば銀メダルでも、未達成の徒労感に襲われないし、硬くならない。
目標は達成したら喜べるが、予算達成は、して当たり前なのである。

して当たり前の感覚をつくり上げたことこそが、柔道の金メダルが一個となってしまった原因だろう。

「応援してくれた皆さまに申し訳ない」なんて言わず、「私の持てる力は出し切りました。これがオリンピックです。」福見さんの試合後の言葉がよかった。

再び試合を見に行きたいものだ。

ひとりごと | 2012年08月04日



« ブログトップへ